読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望が彼方で待ってる

あるシングルレート勢の雑記

【S3シングル】燃え尽き積みリレー【最高2110最終1914】

f:id:haolucario:20170516000854p:plain  

皆さん、S3お疲れ様でした。今期は再びサンムーンで2100に乗せる事ができましたがその先に行けないまま溶かしてしまい、限界を感じたため早めに切り上げることにしました。

使用した構築はreboさんがS2で使ったものと殆ど同一ですが、一応こちらでも改めて解説します。

(参考)

http://reboiona.hatenablog.com/entry/2017/03/21/200000

 

     f:id:haolucario:20170515024317g:plain    f:id:haolucario:20170515024334g:plain

f:id:haolucario:20170515024405g:plainf:id:haolucario:20170515024606g:plain

f:id:haolucario:20170515024710g:plainf:id:haolucario:20170515024753g:plain


ルカリオ@ルカリオナイト 不屈の心 →適応力

臆病

メガ前 : 147(12)-x-90-166(244)-90-156(252) 

メガ後 : 147-x-108-191-90-180

波動弾 / ラスターカノン

身代わり / 悪巧み


特殊積みエース。カバルドンのステロ欠伸から身代わりを貼って積む動きがメインになります。

先制技を切る弊害がないとは言えませんが、技構成がこれで殆ど完結していました。



カバルドン@オボンの実 砂起こし

慎重 

215(252)-132-139(4)-x-136(252)-67

岩石封じ / 欠伸

ステルスロック / 吹き飛ばし


一般的な起点作りカバ。オボンを持たせる事でカプ・テテフのサイキネをほぼ2耐えします。シンプルな欠伸展開ですが無難に強いです。


リザードン@リザードナイトX 猛火 → 硬い爪

陽気

メガ前 : 159(44)-131(212)-98-x-105-167(252)

メガ後 : 159-177-131-x-105-167

フレアドライブ / ドラゴンクロー

雷パンチ / 竜の舞


物理積みエース①。水+フェアリーの並びを強引に崩す駒。回復技がないのとフレドラによる消耗が激しく、プレイングの雑な僕にはかなり扱いが難しかったです。


ミミッキュ@ゴーストZ 化けの皮

意地っ張り

調整① 131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

調整② 143(100)-154(236)-101(4)-x-126(4)-137(164)

影打ち / 剣の舞

シャドークロー / じゃれつく 


カバがいるために呼びやすいアシレーヌカプ・レヒレに合わせて初手に投げて荒らしたり、普通にステロ欠伸からも展開するアタッカー。調整は気分次第で①と②を使い分けてました(①は同族意識で振り切り、②はテテフのサイキネ耐え調整)。


ボルトロス@電気Z 蓄電

控え目

181(212)-x-90-215(244)-100-128(52)

10万ボルト / 気合玉

高速移動 / 目覚めるパワー(氷)


積みエースの多くにとって天敵となるスカーフガブリアス地震を透かしつつ上から殴っていくアタッカー。基本的には対面や積み系の構築と打ち合う駒として選出します。


ギャラドス@ギャラドスナイト 威嚇 → 型破り

陽気

メガ前 : 175(36)-177(252)-100(4)-x-127(52)-134(164)

メガ後 : 175-207-130-x-157-134

滝登り / 噛み砕く

氷の牙 / 竜の舞   


† 正義の味方 クレセドラン絶対粉砕魚†。

一応耐性でエスパーの一貫を切る役目も担います。

刺さる範囲は限られており、選出は控えめでした。


基本選出

カバルドン+ルカリオorリザードン+ボルトロス

ミミッキュ+カバルドン+リザードンorギャラドス


TN : ミライ 、シノン

最高レート 2110

最終レート 1914

f:id:haolucario:20170515235532p:plain f:id:haolucario:20170515235611j:plain


自分で上手く構築を煮詰める事ができず、結局既存の物をほぼ丸パクリする形になったのが悔やまれます。

構築を組むのはORASの頃から絶望的に苦手なのですが、新しい型や並びを積極的に開拓していけるようになりたいですね。